ひらおかゆみのなげやりブログ

もう、なげやりです…

誕生日を迎えて考えたこと

24歳になりました。

誕生日の24時間をすべて自宅以外で過ごすのは、多分生まれて初めてだと思います。両親や友人・知人からいろいろな形で祝福を頂き、満24年の当日を過ごすことができました。

24と言えば、0が発見されるまで特殊な意味を持つ数字でした。2、3、4、6、8、12のいずれでも割ることができるからです。これは24に限ったことではなく、60など他の12の倍数でも同じです。

0の概念が現在の10進法を支えているのなら、0の概念がなかった時代は実用面から約数が多い12進法が多く使われました。時刻や、天体の位置で使われる「分」「秒」など。

自分の誕生日より、自分の年齢の数字が気になっている、今日この頃です。